トップ

アスタキサンチンで美容

アスタキサンチンの美容効果

抗酸化力の高いアスタキサンチン

アスタキサンチンはカロテノイドの一種でエビやカニ、鮭などに多く含まれる赤い色素物質です。1938年に発見された物質で、エビやカニなど甲殻類が赤いのはこのアスタキサンチンが含まれているからです。同じカロテノイドのリコピンやβカロテンも抗酸化力がありますが、アスタキサンチンは他と比べても非常に高い抗酸化力があります。
アスタキサンチンは最近美白化粧品に使われはじめました。そして、最近その美容効果に着目されています。

紫外線を浴びた肌は活性酸素を発生させて、表皮の細胞膜を酸化させてメラニンを生成します。メラニン色素は通常はターンオーバーと共に排出されますが、過剰に作られたメラニン色素は排出することができずシミの原因になってしまいます。
本来は体内に侵入した細菌やウイルスから体を守るために作られる活性酸素ですが、このように過剰に生成されると肌や体を老化させる原因となってしまいます。

そこでアスタキサンチンの高い抗酸化力が、肌老化の原因となる活性酸素を除去します。
抗酸化作用が高いと言われるビタミンCやビタミンEよりはるかに高い抗酸化作用で肌を酸化から守ることができるのです。

<乾燥、しわから肌を守るアスタキサンチン>

紫外線によるダメージは表皮だけではありません。真皮層にあるコラーゲン線維にまでダメージが及ぶと肌のハリや弾力にも影響があります。ダメージは、コラーゲンの結びつきにも影響を与えますので、紫外線を浴び続けると肌はハリを失いたるみ、シワの原因にもなってしまいます。
アスタキサンチンはそんなコラーゲンの減少や変化を防ぐことで肌の老化のシワ、たるみにも大きな効果が期待できます。

またアスタキサンチンを化粧品として使うことで、肌の水分量もアップさせることが出来ます。加齢と共に乾燥しがちな肌の水分量や皮脂を保って、潤いあるハリ肌にも期待できる成分です。